道楽の時間

得意科目はアニメと音楽です。

不老不死が100年戦い続けるRPG【ヴィナース&ブレイブス】

f:id:shigeta-of-13:20161001170716j:plain

 

それは一言で言えば「人生」を考えさせられた。

そのゲームの名前は「ヴィーナス&ブレイブス

この作品をやり終えた時。僕の心には一体何が残ったのだろうか?

 

 

 

というわけで今回は「ヴィーナス&ブレイブス」を僕のブログで紹介するよ。少しでも興味を持ってくれたら嬉しい。

 

 

 

 

悲しき男の100年続く戦い


まず、このゲームの物語は過去にある理由で不老不死となってしまった主人公ブラッド・ボアルの元に女神アリアが現れ100年後に世界は終焉を迎えることを伝えられることから始まります。そして、100年間で世界に起こるたくさんの災厄を回避するため、さらには来るべき終末の日に備え世界中を旅して強い仲間を集めて騎士団を作れと告げられます。100年の長さは伊達じゃなく、プレイ時間は大変なことになりましたよ僕。
主人公ブラッドは世界を危機から救えるのか?というのが物語の主題になります。

 


数多くの仲間との出会い


このゲームは100年間で様々な仲間と出会うことになります。ブラッド自身は不老不死でも仲間たちはただの人間なので、いつかは寿命を迎え死んでいきます。ブラッドは仲間たちと時に悲しい別れを経験しなくてはいけません。不老不死だからこそ味わう孤独と人間へ抱く切なさもヴィーナス&ブレイブスならではの要素の一つとして確立しています。
もちろん別れだけではなく、新しい出会いも経験します。騎士団内で子供を作る仲間も登場し子供が成長したら騎士団に加入してくれるのです。子供は親の長所を100%受け継ぐので目覚ましい活躍をしてくれるでしょう。
親から子への意志、師から弟子への意志、魔物へ立ち向かう勇者たち。ヴィーナス&ブレイブスをプレイしていると人々の様々な人生が見えてきて、僕たちの感情を締め付けてくれることでしょう。

 

 

切ない?ゲームシステム


先ほども言った通り仲間たちは寿命を迎え、ブラッドのように永遠に戦い続けることはできません。キャラクターには「全盛期」「衰退期」があって前者では能力値が上がっていくのですが後者はものすごい勢いで下がり続けていきます。全ての能力が1になるまで下がり続けていくんじゃないかな?だからこそ、子孫を残すなり新しい仲間を探すなりして新しい仲間を見つけなくてはならないのです。とても心苦しいですが同じ仲間とはずっと一緒にいられません。そんなことをしていると騎士団も弱くなり敵にも勝てないから、厳しい現実が突き付けられます。

 

 

一風変わった戦闘システム


f:id:shigeta-of-13:20161008171358j:plain
ヴィーナス&ブレイブスの戦闘はローテーションシステムと言われていますが、こちらも他のゲームでは見ないほどに特徴的です。
キャラクターには近距離攻撃が得意で体力も高い「戦士」遠距離攻撃のエキスパート「アーチャー」貴重な回復役「僧侶」サポート役に適している「魔術師」これら以外にも全部で17種類の職業が存在します。彼らを4×3のマス目にうまく配置して戦うのが本作の戦闘システムです。
配置した場所によってキャラクターが起こすアクションが変わり前列のキャラにバリアを張ったり、同列のキャラを回復、さらには敵に攻撃をしたりなどプレイヤーの戦術性が重要視されるゲームです。
ターンの終わりにプレイヤーの任意で○か×を押して隊列をローテーションできたりもします。戦闘前には敵の行動もオープンされるのでそれによってローテーションするかしないかを決定しますので、またもや頭脳プレイを意識したゲーム作りとなっています。
「強力な一撃に耐えるにはローテーションするしかない!」「このままだと体力が0に、回復しなきゃ!」などシンプルながらも手に汗握る戦術ゲームです。ちなみに戦闘で体力が0になるとそのキャラクターは戦死して、文字通りいなくなってしまうのであしからず。

 

 

 

 

世界の人々に触れ合いブラッドが迎える結末とは?


以上がヴィーナス&ブレイブスの説明となります。切ないドラマが多く展開され、時にはやるせなくなると思いますがそれ以上に人間の生き様や誰かを思いやる気持ちに心打たれとてもドラマチックで奥深いゲームとなっております。ブラッドが葛藤し、悲しみを背負いながらも最後に迎えた結末とは?この続きはぜひあなたの目で確かめてみてください。PS2だけでなくPSPにも移植されているのでチェックしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

ヴィーナス&ブレイブス?魔女と女神と滅びの予言?

ヴィーナス&ブレイブス?魔女と女神と滅びの予言?